驚くほどカンタン!これだけは知っておきたいiPhone節電方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ポイントを絞って「節電」すれば、バッテリーのもちを改善することは可能です。
これまではシステム設定を工夫することで節電していましたが、iOS 7では新機能「コントロールセンター」を活用して以下の3点を対応するのが効果的です。

無線LANで節電

電車で移動するとき無線LANをオンにしたままでは、接続先のアクセスポイントを探す処理が続けられバッテリーを消耗するため(つくばエクスプレスのように走行する車内向けに無線LANサービスを提供する鉄道は除きます)、外出するタイミングでコントロールセンターを開き無線LANをオフにします。

Bluetoothで節電

Bluetoothも、使わないときはオフにしておきます。

画面の明るさで節電

画面の明るさも、コントロールセンターで手動調整しましょう。「設定」には「明るさの自動調節」というスイッチがあり、オンにしておくと周囲の状況にあわせ画面の輝度が自動的に変化しますが、コントロールセンターというすぐにアクセスできる手動設定画面が用意されたのですから、必要なとき手動で調整すればいいのです

参考)

iPhoneの充電を長持ちさせるための8のチェック項目

iPhone5sを効率よく短時間で充電するために気にしておきたい4つのポイント

充電スピード約3倍のモバイルバッテリー(2000mAhが約60分でフル充電)

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

人気Top10