iPhone5S

「iPhone 5S」と「iPhone 5C」は9月20日発売予定!

アップルが9月に発売予定の新型iPhoneは、これまで同様にソフトバンクとauからの発売になる見込みと日経が報じています。

130820_iphonesept_.jpg

アップルから販売が予想されるのはハイエンドモデルの「iPhone 5S」と廉価版の「iPhone 5C」の2モデル。
今回もドコモからのiPhone発売はなさそうです。
ただ日経は発売時点としているので、ドコモからも発売後にもしかしたら取り扱い開始が来るかもしれませんね…。
日経の推測では日本での発売日は、9月10日の発表イベントから翌週末になる9月20日(金)の発売になると報じています。ちょうど一ヶ月後。気になりますね。続報に期待です!

iPhone 5Sは新「A7」プロセッサ搭載で128GBモデルやゴールド色の追加も!

これまでアップル新製品についての予測を幾度となく的中させてきたKGI証券のMing-Chi Kuo氏が新たにiPhone 5Sについてのレポートを発表しました。そこでは次のような予測がされています。

image

1 新しい「ARM v8」ベースのA7プロセッサ(1GB RAM)
2 サファイアガラスを採用した指紋認証機能付きホームボタン
3 F2.0の大口径レンズ、デュアルフラッシュを搭載した800万画素カメラ
4 カラーラインナップにゴールド色が追加
5 128GBのストレージ容量を追加

新情報としてはA7プロセッサの搭載と128GBのストレージ追加ですが、どちらも実現すればファンにとっては嬉しいところ。実際のところは果たしてどうなんでしょう…?

またも!iPhone5C(廉価版iPhone5)のケースだけじゃなく液晶保護フィルムまで既に発売されている

iPhone5Cのケースが発売されている情報「iPhone5C(廉価版iPhone5)のケースが既に発売されている」に引続き、新たにiPhone5cのケース、そして液晶保護フィルムまでがamazonで販売されています。

image

製品の名前にも「iPhone5c ケース ウルトラ・フィット」とハッキリ記載

『iPhone 5C』用のケースだということがわかる。

液晶保護フィルムも既に販売

どちらも発売時期は9月6日だとしており、最新iPhone5SとiPhone5Cの発表といわれている9月10日よりも前の日付になっている。

SPIGEN SGPはiPhoneケースを多数の販売実績があり人気のブランド

信頼性は高いが、商品の仕様においては『iPhone 5S』と記載されていることなどから正確な情報は発表を待つしかない。

iPhone 5Cのケース「SPIGEN SGP iPhone5c ケース ウルトラ・フィット(エコパッケージ)」

iPhone 5Cのハイブリッドケース「SPIGEN SGP iPhone5c ケース ネオ・ハイブリッド」

iPhone 5Cの液晶保護フィルム「SPIGEN SGP iPhone5c クリスタル [液晶保護フィルム]」

iPhone 5とiPhone 5S・iPhone 5Cとの比較写真流出!

アップルが9月10日に新型iPhone(iPhone 5S/iPhone 5C)の発表イベントを実施しますが、そのモックアップの写真がベトナムで公開されています。
5Cは廉価版なので本体が金属製ではなくプラスチック製になることは噂されていましたが、Lightningポートも従来のiPhone 5のものとは異なる仕様になっていることが確認されています。

iPhone_5S

左下にあるのがiPhone 5S、左上はiPhone 5C、右上はiPhone 5で、5Cと5Sは実機ではなく外装のみを再現してあるモックアップ。

「iPhone 5S」は、iPhone 5のマイナーチェンジモデルだとみられています。
外観で変わった部分はほとんどなく、唯一変化していたのはリアカメラ周辺部分だけ。5Sではカメラの直径が小さくなり、フラッシュの形状もちょっと異なっています。

廉価版モデルだという「iPhone 5C」は見た目も大きく変化。本体はプラスチック製になっていて、3GSっぽい雰囲気がある

iPhone 5C、iPhone 5、iPhone 5Sの順で並べた画像

左がiPhone 5C、右がiPhone 5で、大きさはほぼ同一

最も異なるのは底面


上がiPhone 5、下がiPhone 5Cですが、見比べると5Cはねじ穴が大きく、スピーカーの穴も数が減って巨大化。
また、Lightningポートも従来は内部には出っ張りなどはなかったのですが、5CではSDカードスロットのように受ける側の端子が見えるようになっています。