最新情報

ドコモiPhone報道のその後の状況

日経と朝日が報じたドコモiPhoneに関する情報に関して、ドコモからは正式な公表はないですが、各種メディアが次々と様々な情報を報じているので現状をまとめてみました。

iPhoneドコモに関するドコモショップでのユーザーの反応

選択肢が増えることや割安な料金プランの競争が激化することへの期待から歓迎する声が上がった。としてドコモショップでユーザーの声を以下のように報道しています。

「アイフォーンを予約したい」
「友達はアイフォーンが多いが、自分は家族で使えば安くなるドコモのサービスを契約しているので乗り換えできなかった。次はアイフォーンにしたい」
「以前からアイフォーンにしたかったが、アドレスを変更したくないので他社に乗り換えなかった。手になじみやすく操作もスムーズという印象。発売したらすぐにでも買い替えたい」
「今はソフトバンクのスマホとドコモのガラケー(従来型の携帯電話)の2台を使い分けている。今後はドコモだけにするかも」

ドコモiPhone発売へ 選択肢増ユーザー歓迎

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201309/0006314851.shtml

「次期iPhone購入意向調査」の結果

タイミングよくMMD研究所が「次期iPhone購入意向調査」を発表しています。

新「iPhone」は58.4%が購入意向あり
新「iPhone」の購入意向を全体で聞いたところ、「購入したい」(23.6%)と「やや購入したい」(34.8%)と、購入意向があるユーザーは58.4%と高い数字

キャリア別に購入意向を見ていくと、ドコモユーザーは55.3%、auユーザーは57.0%、ソフトバンクユーザーは62.8%が購入意向があるという結果です。
ドコモユーザーも半数以上が新「iPhone」の購入意向があるということが注目です。
報道されたとおりドコモから新「iPhone」が発売されることになったらどうなるでしょうか。新『iPhone』の購入意向で「どちらのiPhoneにするか決めていない」と回答した31.4%のうち多くの人がドコモを選ぶ可能性があります。

特に新「iPhone」の購入意向があるドコモユーザーの64.5%は「どちらのiPhoneにするか決めていない」ということから、ドコモからの発売が決定すればドコモからの購入意向を持つ可能性が高いとみてよいでしょう。

http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=1229

ドコモからiPhoneが発売されるのは本当か?

NTTドコモの加藤薫社長が、Appleのスマホ「iPhone」の発表会に出席するため渡米すると9月8日、時事通信が報じています。

 

ドコモ版iPhoneは「SPモードメール」が使用可能に?!「dマーケット」も使える見通し?!

正式発表ではないので噂レベルとして捉えておいた方がいいと前置きした上ですが、

ドコモ版iPhoneが「SPモードメール」ならびに「dマーケット」が使用可能になる見通し

との情報もでています。

KDDI同様にドコモも自社のコンテンツプラットフォームをiPhone向けに開放することが許されるようです、更にドコモは「SPモードメール」の後継サービスとして既に公式に発表している「ドコモメール」をiPhoneでも利用できるようにする模様です。
iPhoneが欲しくてもソフトバンクやKDDI乗り換えたくない理由としてドコモのメールアドレスから変えたくない、という人が多いようだが、ドコモメールが開始されれば今まで使っていたメールアドレスをそのままiPhoneでも継続して使用することが可能になるようだ。

やっぱり「iPhone」が好き!「iOS 7」の素晴らしい15の機能

次もiPhone、機種変してもiPhoneというiOSファンだけでなく、アンドロイドにするか迷っている人も参考になる「iOS 7」の機能をまとめました。

image

「iPhone」と「iPad」の検索エンジン「Spotlight」

これまでは画面の左端からスワイプすると表示されるようになっていたが、今度はメイン画面のアイコン最上列の上に移動した。検索結果は、カテゴリがシンプルになり、読みやすくなった。

「iPhone」と「iPad」の検索エンジンである「Spotlight」は、これまでは画面の左端からスワイプすると表示されるようになっていたが、今度はメイン画面のアイコン最上列の上に移動した。この背後にどのような考え方があるかはよく分からない。検索結果は、カテゴリがシンプルになり、読みやすくなった。

「FaceTime」を使った無料音声通話

お互いにビデオ通話ができないユーザーも、「FaceTime」を使った無料音声通話が可能になった。これは「BlackBerry Messenger」や「Facebook Messages」のアイデアを元にしている。

 お互いにビデオ通話ができないユーザーも、今度からは「FaceTime」を使った無料音声通話が可能になった。これは「BlackBerry Messenger」や「Facebook Messages」のアイデアを元にしている。

パーソナルアシスタント「Siri」

音声で操作する賢いパーソナルアシスタント「Siri」も、クリーンで新鮮な見た目になった。Siriでは、多岐にわたる新たな特徴、機能、質問、問い合わせがサポートされ、その知性の幅を広げている(セルラーかインターネットの接続がある時だけだが)。

音声で操作する賢いパーソナルアシスタント「Siri」も、まったく新しい、クリーンで新鮮な見た目になった。Siriでは、多岐にわたる新たな特徴、機能、質問、問い合わせがサポートされ、その知性の幅を広げている(セルラーかインターネットの接続がある時だけだが)。

iPhoneの新しいカメラアプリに「Instagram」風のフィルタが追加

「Instagram」風のフィルタがiPhoneの新しいカメラアプリに追加された。Instagramに追随し、iOS 7には9つの異なる色温度をベースにしたフィルタが用意され、ムードに合わせて画像を調整できるようになった。iOS 7の最新ベータ版の時点では、こうしたカメラフィルタは「iPhone 4S」でも利用できる。

 「Instagram」風のフィルタがiPhoneの新しいカメラアプリに追加された。Instagramに追随し、iOS 7には9つの異なる色温度をベースにしたフィルタが用意され、ムードに合わせて画像を調整できるようになった。iOS 7の最新ベータ版の時点では、こうしたカメラフィルタは「iPhone 4S」でも利用できる。

プライバシーを重視した設定項目を設定メニューに数多く追加

これらの機能は、写真の共有、位置情報設定、どのアプリがデバイスのどの機能(例えばマイク)にアクセスできるかなどに関連している。

 前世代の「iOS 6」が普及した2012年に数多くの論議やデータ漏えいがあった中、Appleはプライバシーを重視した設定項目を設定メニューに数多く追加した。これらの機能は、写真の共有、位置情報設定、どのアプリがデバイスのどの機能(例えばマイク)にアクセスできるかなどに関連している。

ホーム画面にあるタイルの一部は、ライブアップデート

iPhoneおよびiPadのホーム画面にあるタイルの一部は、ライブアップデートされる。カレンダーアイコンが毎日更新されるほか、時計のアイコンには動く秒針が表示される。将来のバージョンでは、天気予報アプリも更新され、今後の天気予報のプレビューが表示されるようになることが期待されている。

iPhoneおよびiPadのホーム画面にあるタイルの一部は、ライブアップデートされる。カレンダーアイコンが毎日更新されるほか、時計のアイコンには動く秒針が表示される。将来のバージョンでは、天気予報アプリも更新され、今後の天気予報のプレビューが表示されるようになることが期待されている。

ブラウズモードをプライベートモード「お忍びモード」に切り替え

ボタンを1つタッチするだけで、iPhoneとiPadのブラウズモードをプライベートモードに切り替えることができるようになった。従来のiOSでは、この機能にアクセスするのは大変で、何度も画面をタップする必要があった。この機能を使用すると、「お忍びモード」であることが分かりやすいようにタブのタイトル部分が黒くなる。

ボタンを1つタッチするだけで、iPhoneとiPadのブラウズモードをプライベートモードに切り替えることができるようになった。従来のiOSでは、この機能にアクセスするのは大変で、何度も画面をタップする必要があった。この機能を使用すると、「お忍びモード」であることが分かりやすいようにタブのタイトル部分が黒くなる。

自動的にアップデート

アプリは裏で自動的にアップデートされるようになった。iPhoneやiPadのユーザーは、セルラー接続によるダウンロードをオンにすることも選べるが、この場合は通信料金に気をつける必要がある。もちろん、これまで通り1つずつ手動でダウンロードすることもできる。

アプリは裏で自動的にアップデートされるようになった。iPhoneやiPadのユーザーは、セルラー接続によるダウンロードをオンにすることも選べるが、この場合は通信料金に気をつける必要がある。もちろん、これまで通り1つずつ手動でダウンロードすることもできる。

テレビや動画を「iCloud」から直接ストリーミング

見たいものがiTunes Storeにあり、安定したセルラー接続かWi-Fi接続があれば、テレビや動画を「iCloud」から直接ストリーミングすることができる。

 「何か」を見ようとするときに、それをダウンロードしてからiPhoneなどに同期して見なければならない時代は終わった。今では、見たいものがiTunes Storeにあり、安定したセルラー接続かWi-Fi接続があれば、テレビや動画を「iCloud」から直接ストリーミングすることができる。

デバイスの壁紙に基づいて配色やフォントなどが変化

デバイスの壁紙に基づいて配色やフォントなどを変更するなど、周囲に適応するという機能がある。ボタンの縁は壁紙の主な色に近い、明るい色合いになり、これにディスプレイのにじみ効果が加わる。フォントは画面上で読みやすくするために、必要に応じて適応したり太くなったりする。

新しいユーザーインターフェースの機能のうち、あまり知られていないものの1つに、デバイスの壁紙に基づいて配色やフォントなどを変更するなど、周囲に適応するという機能がある。ボタンの縁は壁紙の主な色に近い、明るい色合いになり、これにディスプレイのにじみ効果が加わる。フォントは画面上で読みやすくするために、必要に応じて適応したり太くなったりする。

「Newsstand」を隠せる

iPhoneやiPadに組み込まれている電子書籍および電子雑誌サービス「Newsstand」がiOSの最新版ではフォルダにしまい込めるようになった。

多くのiPhoneやiPadのユーザーを困らせているのが、iPhoneやiPadに組み込まれている電子書籍および電子雑誌サービス「Newsstand」だ。iOSの最新版では、これをフォルダにしまい込めるようになった。これは小さなことだが、Appleが大きな収益源の1つを引っ込めるということなのだ。

受信箱から直接PDFファイルにアクセス

iOS 7ユーザーは、受信箱から直接PDFファイルにアクセスできるようになった。これは、以前はできなかったことだ。簡単なことに見えるかもしれないが、ビジネスでの利用に大きな影響を与えるもので、iPhoneやiPadのユーザーは、サードパーティークライアントを使わなくてもドキュメントを見ることができるようになる。

 iOS 7ユーザーは、受信箱から直接PDFファイルにアクセスできるようになった。これは、以前はできなかったことだ。簡単なことに見えるかもしれないが、ビジネスでの利用に大きな影響を与えるもので、iPhoneやiPadのユーザーは、サードパーティークライアントを使わなくてもドキュメントを見ることができるようになる。

クイックアクセスパネル

「Control Center」では、機内モードやラジオ機能に加え、懐中電灯などのアプリケーションにも素早くアクセスできる。ベータ版では、これらのアプリをほかのものと入れ替える機能はサポートされていない。

 ほかのモバイルプラットフォーム(特に「Android」と「Windows Phone」はすでにこのような機能を提供している)に追いつこうと、Appleはデバイスの重要機能へのクイックアクセスパネルを設けた。 この「Control Center」では、機内モードやラジオ機能に加え、懐中電灯などのアプリケーションにも素早くアクセスできる。ベータ版では、これらのアプリをほかのものと入れ替える機能はサポートされていない。

アプリの画面はリアルタイムに更新

アプリを切り替えようとする時アプリは静止状態ではなくなった。アプリの画面はリアルタイムに更新されており、フリックしながら見ていけば、今それぞれのアプリで何が起こっているかを見ることができる。動画や時計、ストップウォッチなども含めてだ。

アプリを切り替えようとする時(この機能はゼロから作り直されている)、アプリは静止状態ではなくなった。アプリの画面はリアルタイムに更新されており、フリックしながら見ていけば、今それぞれのアプリで何が起こっているかを見ることができる。動画や時計、ストップウォッチなども含めてだ。

写真は日付と時刻で整理され、各サムネイルを簡単に詳しく見ることができる

iPhoneに組み込まれている写真アプリは、カメラを中心に設計されているものの、これまでは競合するプラットフォームと比べると常に標準以下だった。例えばこれまでは、何百もの写真を1つずつスクロールして見ていく必要があった。iOS 7では、写真は日付と時刻で整理され、サムネイルの上に指を置けば、各サムネイルを簡単に詳しく見ることができる。パノラマ写真と動画はグループ化され、写真コンテンツの種類によって検索しやすくなっている。

 iPhoneに組み込まれている写真アプリは、カメラを中心に設計されているものの、これまでは競合するプラットフォームと比べると常に標準以下だった。例えばこれまでは、何百もの写真を1つずつスクロールして見ていく必要があった。iOS 7では、写真は日付と時刻で整理され、サムネイルの上に指を置けば、各サムネイルを簡単に詳しく見ることができる。パノラマ写真と動画はグループ化され、写真コンテンツの種類によって検索しやすくなっている。

最新iPad miniは背面パーツ画像流出により、今年中に発売の可能性

最新のiPad miniの背面パーツ画像が大量に掲載されました。
画像にはSIMトレーらしき部品も見当たるから、Wi-Fiモデルではなくセルラーモデルのようです。

image

最新のiPad miniはRetina解像度ディスプレイを搭載するも、発売は2014年に遅れるという評判でしたが年内にも新型iPad miniが登場する可能性が高まってきているようです。
次世代タブレットの覇者は新型iPad miniになるのか、グーグルの新型Nexus 7になるのか楽しみです。

iPhone5Sの「シャンパンゴールド」が欲しい!

iPhone5Sのカラーバリエーションとして「シャンパンゴールド」がでるとの噂。

image

iPhone5Sの「シャンパンゴールド」とされるバックパネルがリークされています。
今までiPhoneといえばブラックかホワイトだけだったのでなれない感もありますが、大人の雰囲気がありリッチな印象です。

image
画像をみると背面の刻印は「iPhone」のみ、なためテスト版かと思われますが発表が楽しみです。

「iTunes Radio」開始は9月から

アップルの新たな音楽無料サービス「iTunes Radio」は9月から開始へ

613-9967-02

iTunes Radioサービス開始は9月

Appleが新しい音楽ストリーミングサービス「iTunes Radio」を9月からサービスを開始することが明らかになりました。またiTunes Radioでは世界的な大手ブランドが広告主となることも分かりました。

広告パートナー

iTunes Radioは日産、マクドナルド、P&G、ペプシ、そしてもう1-2社の大手ブランドを広告パートナーとして、来月開始する模様。Appleとブランドとの交渉に詳しい情報ソースによれば、契約内容は数百万ドルから数千万ドルの大規模に渡り、各ブランドは12ヶ月の広告キャンペーンをiTunes Radio上で実施します。
Appleは各業種1社のみと広告契約を2013年末まで結びます。そのため、各ブランドは年末までiTunes Radioで競合が参加することなく独占的な広告を展開します。2014年からはより多くの企業へ広告を提供開始する予定です。この独占権のために、各ブランドは最低約100万ドルの支払いに同意したと情報ソースは伝えています。
iTunes Radioユーザーには、15分毎にオーディオ広告が1度、1時間おきに動画広告が1度挿入されます。

iTunes Radioは無料で利用できる音楽ストリーミングサービス

iTunes Radioは、iOSデバイス/iTunesユーザーが無料で利用できる音楽ストリーミングサービスです。サービス自体は、ユーザーのiTunesでの購入履歴や趣味嗜好を分析し、各ユーザーに最適な音楽を自動レコメンドしてくれる、「パーソナライズド・ネットラジオ」です。サービスはiOS 7に搭載される無料サービスですが、楽曲の間に広告が挿入される広告ビジネスを採用しています。

iTunes Match

ユーザーは広告が嫌な場合、iTunes Matchに加入することで、iTunes Radioを広告無しで楽しむことが可能です。(iTunes Matchは日本はまだ未対応)

Pandoraとの違い

Appleや音楽業界は、iTunes RadioをPandoraでは実現できない新たな収益源として期待しています。
ユーザーは流れている曲が欲しい時、アプリ内についている「Purchase」(購入)ボタンを即座にプッシュするだけでiTunesで楽曲購入が実現できます。このため、音楽ファンは新しい音楽と出会いながら、自分のコレクションを増やし続けることが可能になります。また音楽業界にはストリーミング再生のロイヤリティ料の他に、ダウンロード購入の取り分も収益化へ結びつけることが期待できます。

新型iPhoneにデフォルトでインストール

iTunes Radioは新型iPhoneにデフォルトでインストールされる予定です。